注目作家紹介プログラム ーチャンネル9ー和田淳展「私の沼」

2018年10月13日 10:34

   「注目作家紹介プログラム チャンネル」は、兵庫県立美術館が2010年度より毎年度開催してきたシリーズ展です。担当学芸員がいま最も注目すべきと考える作家を個展形式で紹介。美術館を訪れる人と同時代を生きる美術作家が、さまざまな「チャンネル」を通じ出会う機会となることを目指しています。9回目となる2018年度の「チャンネル」では、国内外の映画祭で上演し、多くの賞を受賞するなど、高い評価を得ているアニメーション作家、和田淳(わだ あつし・神戸市在住)の個展を開催します。2002年頃から短編アニメーションの制作を始めた和田は、人や動物などさまざまなキャラクターが繰り広げる、諧謔と不思議さに満ちた作品を制作してきました。繊細な線描と透明感のある色彩による絵が、見る人の身体的リズムに呼応するかのように動き、「静」と「動」を反復しながら絶妙な「間合い」や「テンポ」によって進行する構成は、「視覚」のみならず「触覚」をくすぐるような感覚を喚起します。加えて意表を突く視点と展開も和田作品の大きな特色であり、それらは作家の鋭い観察眼と洞察によって拓かれた独自の世界といえます。本展では、和田淳の独創性あふれる映像世界を紹介、近年ますます関心を集め、拡がりを見せる領域であるアニメーションの魅力に迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2018年11月3日(土) ~ 12月2日(日)

会場

兵庫県立美術館 -「芸術の館」-

所在地

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/20

これは大福?それともクッション?いや、実は猫なんです――こんなツイートが2018年11月13日に投稿され、話題になっている。これは猫です pic.twit...

2018/11/20

バスタオルって、どれくらいの頻度で洗えばいいのだろう。1度使ったら必ず洗わないとダメな人もいれば、週に1回くらいでOKだという考え方もあるだろう。はたまた...

2018/11/20

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ