鈴木育男写真展「なつかしの昭和時代」

2018年10月10日 10:00

   鈴木育男氏は、写真館「らかんスタジオ」(父・鈴木清作が1921年にニューヨークで創業、1935年より吉祥寺で開業)の二代目として経営を続ける傍ら、街の風景を撮影してきました。60年以上前から継続的に撮り続けている地元・吉祥寺を写した作品は、街の変遷をたどる貴重な資料となっています。本展では、昭和30年前後の東京など、街の風景や人々を写した写真約80点(すべてモノクロ)をご覧いただきます。戦後の混乱から復興しつつある時代に、氏は都電が走る日本橋や占領時代の名残がある東京駅前、そして商店街や路地裏など、庶民の生活に眼差しを向けてシャッターを切っています。子育てをしながらお店を切り盛りする女将さん、ご近所の人に見守られながらの嫁入り風景、ふんどし姿で神輿を担ぐ男たち。雑然とした中で再び活気を取り戻していく街の様子と、苦しい生活の中でも前を向いて生きる人々の姿が印象的に写しとめられています。「街の人たちにカメラを向けても何も言われない、むしろ口元が緩み『とてもおだやかな時代』『とても撮影しやすい街』であり、ぬくもりのある世界だった。」と氏が語るように、昭和ならではの人と人との繋がりが感じられる心あたたまる写真ばかりです。

お嫁入り風景昭和32年 ©IkuoSUZUKI

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月30日(火) ~ 11月25日(日)

会場

JCIIフォトサロン

所在地

〒102-0082 東京都千代田区一番町25JCIIビル

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/17

2018年のプロ野球もレギュラーシーズンを終え、クライマックスシリーズ真っ最中。セ・リーグのファーストステージでは読売ジャイアンツ・菅野智之投手がポストシ...

2018/10/17

オーストリアと日本の国交樹立から150周年を記念して、ウィーン美術史美術館のコレクションを中心に構成される展覧会。ヨーロッパのみならず世界最大規模の領地を...

2018/10/17

ホットなのに冷たい......?あべこべな設定の自販機が存在していた――こんなツイートが2018年10月10日に投稿され、話題になっている。なんて酷いこと...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ