神谷ふじ子展 「 刻 ■ 再生 」 

2018年10月10日 16:04

   銅版を腐食させながら造形し、そこに七宝を加えて輝きを引き寄せる。腐食という死を連想させるところから、七宝の輝きがまるで再生してくる命のように現れる。会場 関口美術館 東館 〒134-0083東京都江戸川区中葛西6-15-7  TEL03-3869-1992

イベント詳細ページへ

会期

2018年11月1日(木) ~ 11月25日(日)

会場

関口美術館

所在地

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西6-7-12アルトジャルダン1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/17

2018年のプロ野球もレギュラーシーズンを終え、クライマックスシリーズ真っ最中。セ・リーグのファーストステージでは読売ジャイアンツ・菅野智之投手がポストシ...

2018/10/17

オーストリアと日本の国交樹立から150周年を記念して、ウィーン美術史美術館のコレクションを中心に構成される展覧会。ヨーロッパのみならず世界最大規模の領地を...

2018/10/17

ホットなのに冷たい......?あべこべな設定の自販機が存在していた――こんなツイートが2018年10月10日に投稿され、話題になっている。なんて酷いこと...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ