懐紙と短冊

2018年10月 2日 10:03

   平安時代前期、勅撰集『古今和歌集』の成立を契機に、人々の和歌への関心が一層高まりました。皇族・公卿を中心に歌会が盛んに催され、和歌は飛躍的に発展します。それにともない、歌会におけるさまざまな規定が定められ、詠歌をしたためる懐紙や短冊の書式にも一定の形式が整えられていきました。今回は、鎌倉時代初期から江戸時代にいたる、とりどりの懐紙と短冊を展示いたします。書写形式のうつりかわりと、個性豊かな筆跡の美を通じて、和歌史の一面をご鑑賞ください

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月8日(月) ~ 12月22日(土)

会場

センチュリーミュージアム

所在地

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町110-22

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/20

今年も「県民手帳」が話題になっている。 各県の自治体が作成している手帳で、公的情報が充実していて特産品やイベントなど地元の情報が豊富なのが一番の特徴。また...

2018/11/19

東京・上野に本店を構える洋菓子店「上野風月堂」。ゴーフルや東京カステラなどで知られる、創業から270年を数える老舗だ。そんな歴史ある洋菓子店が、2017年...

2018/11/19

全国麺類生活衛生同業組合連合会は、「全国ご当地・オリジナル麺選手権」と題した投票キャンペーンを実施している。麺料理の全国ランキングとグランプリを決める大会...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ