企画展「明治維新前後の中野~江戸から東京へ~」 | 明治150年企画展示

2018年9月15日 10:00

   今年、平成30(2018)年は明治元(1868)年から150年目となる節目の年です。約260年間続いた武家政権が終わり、新たな中央集権国家への道を歩み始めた明治政府は、慶応4(明治元)年以降さまざまな政策を推進しました。しかし、その裏では国内に戊辰戦争があり、世情の混乱があり、数々の紆余曲折を経てきたことを見逃すことはできません。江戸時代以来、江戸近郊農村という性格をもっていた中野区地域の村々に、明治維新の変革はどのような変化をもたらしたのか。本展覧会ではこの点に注目しながら、幕末から明治時代初期の館蔵資料をもとに、移り変わる江戸(東京)と中野のようすを紹介します。ひとつの節目となる今年、幕末から明治へ至る歴史を振り返るきっかけとなれば幸いです。関連イベント■ギャラリートーク展示解説10月20日(土)・11月25日(日) 各日13時30分より約30分展示担当学芸員による展示解説を行います。■ワークショップ 「和綴じメモ帳づくり」事前申込制伝統的な方法を用いた和本の綴じ方で、オリジナルの和綴じメモ帳を作ります。10月28日(日) 13時30分~15時30分定員15名(申込者が定員を超えた場合抽選)高校生以上対象 参加費無料申込期間10月2日(火)~10月16日(火)必着●申込方法往復はがきの往信面に ①イベント名②郵便番号・住所 ③氏名(ふりがな)④電話番号⑤年齢を記入し、(返信面に②③も記入)資料館へ郵送。2名様まで連名で申込みの場合は②④に代表者1名、③⑤に全員の情報をご記入下さい。*官製はがき持参で直接来館申込み可。(受付時間9:00~16:30)★お預かりした個人情報は本企画実施のご案内のみに利用します。利用目的にご同意の上、お申込みください。山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館〒165-0022 中野区江古田四丁目3番4号TEL:03-3319-9221 FAX:03-3319-9119開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)入館無料休館日:月曜日・第3日曜日交通●西武新宿線「沼袋駅」北口より徒歩8分●都営地下鉄 大江戸線「新江古田駅」より徒歩15分●JR「中野駅」北口より練馬駅行き(京王バス中92系統)「江古田二丁目」下車徒歩2分 ●JR「中野駅」北口より江古田駅行き(関東バス中41系統)「江古田二丁目」下車徒歩2分 ※中12系統はとまりません      ●西武池袋線「練馬駅」北口より中野駅行き(京王バス中92系統)「江古田四丁目」下車徒歩5分・館利用者専用駐車場あり・大型エレベーター有り 車椅子の方でも安心して観覧できます・貸出用車椅子有り(2台 無料)

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月2日(火) ~ 11月30日(金)

会場

山﨑記念中野区立歴史民俗資料館

所在地

〒165-0022 東京都中野区江古田四丁目3番4号

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/17

子育て中は「洗濯物がいっぱいで大変」「いつも洗濯機はフル回転」というママさんが多い。育児に家事、仕事とみな忙しくしているだろうが、だからといって、マナーを...

2018/11/17

日本全国の美術大学、教育系大学、専門学校の学生による版画展。力作がそろいます。抽選で素敵な作品が当たる観客賞の投票や、恒例の学生作品販売も大人気です。イベ...

2018/11/17

2018年も気づけばあと50日を切った。年の暮れの定番料理といえば、やはり「年越しそば」だろう。 自宅のコタツでテレビを眺めつつ、チュルチュルと麺をすすり...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ