松岡コレクション―中国動物俑の世界/松岡コレクションの日本油彩画

2018年9月15日 10:02

   【松岡コレクション―中国動物俑の世界】古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐陶俑を副葬しました。本展では、午年であった当館の創立者松岡清次郎が好んで蒐集した三彩馬を始めとした漢代から唐代の動物俑を中心に多彩な陶俑の魅力をご紹介いたします。【松岡コレクションの日本油彩画】松岡清次郎が独自の審美眼を頼りに蒐集した日本洋画作品は130点余り。その多くは1970-80年代の団体展出品作です。画家たちが情熱を込めて制作した作品の数々を、どうぞお楽しみ下さい。約25点の出品予定です。

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月24日(水) ~ 2019年2月11日(月)

会場

松岡美術館

所在地

〒108-0071 東京都港区白金台5-12-6

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/17

子育て中は「洗濯物がいっぱいで大変」「いつも洗濯機はフル回転」というママさんが多い。育児に家事、仕事とみな忙しくしているだろうが、だからといって、マナーを...

2018/11/17

日本全国の美術大学、教育系大学、専門学校の学生による版画展。力作がそろいます。抽選で素敵な作品が当たる観客賞の投票や、恒例の学生作品販売も大人気です。イベ...

2018/11/17

2018年も気づけばあと50日を切った。年の暮れの定番料理といえば、やはり「年越しそば」だろう。 自宅のコタツでテレビを眺めつつ、チュルチュルと麺をすすり...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ