山口蓬春とやまと絵 | ―初公開!《昭和御大典繪巻》を中心に―

2018年9月14日 10:00

    山口蓬春(1893-1971)は、東京美術学校日本画科に学び、やまと絵の近代化を目指してその技法を基盤とした日本画の世界を展開します。その間、蓬春が手掛けたやまと絵のジャンルは、日本の古典文学、有職故実をふまえた人物画、歴史画、そして伝統的な名所絵にとらわれない風景画など多岐にわたっています。この度、初公開となる《昭和御大典繪巻》(昭和3年、神奈川県立近代美術館山口蓬春文庫蔵)は、蓬春をはじめ当時のやまと絵の名手たちが昭和天皇の「即位の礼」を描いたもので、やまと絵の魅力がふんだんに盛り込まれた一級品です。本展では大正末から昭和初期に制作された若き蓬春の、澄みわたり穏やかで清新な画風をご紹介いたします。そして、さらにやまと絵に通じる四季というテーマをとおして、蓬春が生涯をかけて追求した新日本画の世界を感じていただけます。 併せて、蓬春コレクションからは日本中世以降、やまと絵の伝統を担った土佐派の筆による《十二ヶ月風俗図》(重要文化財)をご覧いただきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月29日(土) ~ 11月25日(日)

会場

山口蓬春記念館

所在地

〒240-0111 神奈川県葉山町一色2320

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/20

投稿者のペットと「お気に入り」のツーショット(?)が「癒やされる」と人気を集めている、こんなツイートが2018年9月9日に投稿され、話題になっている。では...

2018/9/20

年末年始恒例の館蔵品展。今回は円山応挙筆「国宝雪松図屏風」を全期間展示します。また、茶道具の名品にあわせて館蔵品の中から、動物をテーマにした絵画や工芸品を...

2018/9/20

現在コンビニエンスストア各社では、健康志向のメニュー展開が激化している。それぞれ特徴や独自性を打ち出しながら、こだわりの商品展開を行っている。 そんな中...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ