『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち

2018年8月11日 10:05

   国際子ども図書館では、2018年9月9日(日)から2019年1月20日(日)まで、展示会「『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち」を開催します。「蜘蛛の糸」などの広く読まれている童話や、「かなりや」のように今も歌い継がれる童謡を数多く世に送り出した児童向け雑誌『赤い鳥』が1918(大正7)年に創刊されて、今年で100年を迎えました。この展示会では、『赤い鳥』の主宰者として、芸術的観点から児童文学の質の向上を目指した鈴木三重吉、童謡の発展に寄与した北原白秋など、『赤い鳥』で活躍した作家や詩人の作品を通して、『赤い鳥』が日本の児童文学史において果たした役割をご紹介します。【前期】2018年9月9日(日)~11月11日(日)【後期】2018年11月13日(火)~2019年1月20日(日)

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月9日(日) ~ 2019年1月20日(日)

会場

国立国会図書館国際子ども図書館

所在地

〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/18

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動...

2018/10/18

当館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品をご覧いただ...

2018/10/18

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。写真と建築の関係は写真の黎明...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ