特別展「新・桃山の茶陶」

2018年8月 7日 10:00

   信楽・備前・伊賀の大胆な箆目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」は、唐物にはない和物茶陶ならではの魅力に溢れ、日本を代表するやきもののひとつとなっています。根津美術館では平成元年(1989)に『桃山の茶陶』展を開催しました。それからおよそ30年が経過し、その間、研究も著しく進展しました。最も大きな発見は京都三条瀬戸物屋町と、それを営んだ商人たちの存在です。この時代に、現代の私たちが見ても斬新に感じるデザイン感覚を備えた茶陶が誕生したのは、顧客の変化と増大を背景とする新たな流通ルートが作られたからでもあるのです。本展覧会では「生産」と「流通」という観点から、伝世品とあわせで、京都で出土した資料を通し、最新の「桃山の茶陶」の世界をご覧いただきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月20日(土) ~ 12月16日(日)

会場

根津美術館

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/2/23

新宿に帰ってきた「もっこり男」が絶好調だ。2019年2月8日公開の「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」は、公開初週の2日間で18万人弱...

2019/2/23

解決が難しい町内会トラブル。先日、Jタウンネットが体験談を募集したところ、青森県に住むXさん(30代・女性)から、さっそく投稿が届いた。「リアル八つ墓村で...

2019/2/22

地震が発生してオランウータンが園内に逃げ出した!――という想定で、動物脱出対策訓練が2019年2月22日、多摩動物公園(東京都日野市)で行われた。訓練の様...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190222koshiduka_b.jpg

東京で最も多く「福島牛」を仕入れる理由

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ