アートと科学:電磁波で観たフラアンジェリコの壁画

2018年8月 4日 10:00

   紀元前6000年頃から人類は石灰と土を用いて絵を描いてきました。現代ではフレスコ画と呼ばれるその技法による作品は、世代を超えた修復家によって美しく伝えられています。1970年代以降は修復前の作品理解のため、科学調査が積極的に導入されるようになりました。本講演では、ルネッサンス時代の代表的な壁画のひとつであるフラアンジェリコ作「受胎告知」を例に、電磁波を用いたフレスコ画の科学調査についてお話します。講 師:福永香(国立研究開発法人情報通信研究機構)共 催:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)後 援:イタリア文化会館、フレスコ普及協会対 象:中学生~大人※参加者以外の入室不可定 員:120名材料費:入館料のみ ※このイベントに参加する中学・高校生は入館無料申込方法:事前申込※応募締切 9/10(月)必着

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月22日(土) ~ 9月22日(土)

会場

多摩六都科学館

所在地

〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/18

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動...

2018/10/18

当館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品をご覧いただ...

2018/10/18

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。写真と建築の関係は写真の黎明...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ