舘野鴻絵本原画展「ぼくの昆虫記-見つめた先にあったもの-」

2018年7月12日 10:00

   生きている虫たちを見つめることは、これからを生きるぼくたちを見つめることです。多摩丘陵の東側にある町田市には、小山田緑地や野津田公園など緑あふれる自然が残っていて、今も多くの鳥や虫たちが暮らしています。秦野にアトリエを構える絵本作家の舘野鴻さんは、こうした緑地や里山に棲む虫たちを観察し、長い時間をかけて1冊の絵本にしています。舘野さんが選ぶ虫たちはどれも個性的。数千匹の卵を産みながら、僅かな数しか成虫になれない「つちはんみょう」は、小さなからだで、困難な運命に立ち向かいます。動物の死骸を栄養にして子育てをする「しでむし」からは、ひとつの死とそれによって育まれる新たな命のつながりを考えずにはいられません。1年の内10ヶ月をさなぎで過ごし、春の一時期にパッと蝶になり野山を飛び回る「ぎふちょう」は、延々と続くさなぎの間、そこで何を感じているのでしょう。そして、現在描いている「がろあむし」は、太古より体や棲みかを変えながら、今も暗黒の地下に生き続け、“生きた化石”と呼ばれています。いのちは、つながっている。遥かな昔から、地球上のあらゆる生き物は、種を超え、時を超えて、つながっている。この夏は、虫たちの一生を描くことで“生きることとは何か”を問い続ける舘野さんの作品から、身近にある自然や生き物の素晴らしさを感じてください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年7月14日(土) ~ 9月24日(月)

会場

町田市民文学館ことばらんど

所在地

〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/1/16

北海道民の「距離感」がいま話題になっている。上京した道民の告白によると、東京は実際よりもっと小さいと思っていたらしい。山手線一周にかかる時間も、駅と駅の間...

2019/1/16

平成最後のバレンタインデー&ホワイトデー。東京ドームホテルバー「2000」とのコラボカクテル第2弾!チョコレートや星がテーマのちょっぴりリッチなカクテルが...

2019/1/16

当館のコレクションの中心である池口史子の油彩画をはじめとした、所蔵する8名の洋画家たちの傑作を一挙に初公開します。各作家の画業をたどりながら、「具象画って...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ