十一面観音立像 高月町落川浄光寺

2018年6月27日 10:06

   「東京にある、長浜の観音堂」をコンセプトに、約2か月交代で滋賀県長浜市から観音像にお出ましいただき、そのお姿を通して長浜の暮らしとそこに住む人々の営みを紹介。≪十一面観音立像 高月町落川浄光寺≫ 室町時代 木造落川集落の観音堂、浄光寺の厨子内には、3躯の仏像が並んで安置されている。中央には本尊十一面観音菩薩、向かって右に薬師如来、左に阿弥陀如来の3躯である。一般に三尊といえば、中央に如来、左右には脇侍として菩薩を従えることが多いが、ここでは逆に菩薩の左右に如来を配するという、極めて稀な配置をとっている。 3躯とも地方仏的色彩が濃く、多くの共通点がある。同一の仏師かあるいは同系統の仏師(湖北地方で活躍した仏師か)による同時期の頃の作と考えられ、その構造・技法・表現などから制作時期は室町時代の頃かと推測される。浄光寺は寺伝によれば延暦年間(782~806)、己高山(こだかみやま)に最澄が逗留した折り、己高山鶏足寺の末寺として建てられたと伝わり、己高山仏教に関わる天台宗の一寺院として繁栄したという。幾多の戦乱や政治的変遷を経て、寺勢は次第に衰退し、戦国時代には兵火にかかって荒廃し、その後、村人の手によって守られてきた。現在は、自治会で選任された堂宮1名と観音堂世話方4名が中心となって護持を担っている。また観音さん当番という役もあり、毎月17日の観音参りの日に、堂内を掃除したり、お仏飯やお花を供えたりする。

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月26日(火) ~ 8月26日(日)

会場

びわ湖長浜KANNONHOUSE (観音ハウス)

所在地

〒110-0005 東京都台東区上野2-14-27上野の森ファーストビル1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/1/19

気軽に寿司を食べられる場所として人気の回転すし。さまざまなネタが乗った寿司が、ぐるぐるとレーンを回る様子は、今ではすっかりお馴染みの風景となった。 ところ...

2019/1/19

パリで創作活動して評価を得た銅版画家、長谷川潔(1891-1980)の作品122点を展示し、その精神的表現世界を再考します。併せて長谷川が敬愛したルドンや...

2019/1/19

小麦粉の生地の中に餡(あん)を入れ、円柱のような形にこんがり焼いた「アレ」。すぐピンと来ない人は、下の写真を見て欲しい。これだ。 今川焼き、大判焼き、回転...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ