十一面観音立像 高月町落川浄光寺

2018年6月27日 10:06

   「東京にある、長浜の観音堂」をコンセプトに、約2か月交代で滋賀県長浜市から観音像にお出ましいただき、そのお姿を通して長浜の暮らしとそこに住む人々の営みを紹介。≪十一面観音立像 高月町落川浄光寺≫ 室町時代 木造落川集落の観音堂、浄光寺の厨子内には、3躯の仏像が並んで安置されている。中央には本尊十一面観音菩薩、向かって右に薬師如来、左に阿弥陀如来の3躯である。一般に三尊といえば、中央に如来、左右には脇侍として菩薩を従えることが多いが、ここでは逆に菩薩の左右に如来を配するという、極めて稀な配置をとっている。 3躯とも地方仏的色彩が濃く、多くの共通点がある。同一の仏師かあるいは同系統の仏師(湖北地方で活躍した仏師か)による同時期の頃の作と考えられ、その構造・技法・表現などから制作時期は室町時代の頃かと推測される。浄光寺は寺伝によれば延暦年間(782~806)、己高山(こだかみやま)に最澄が逗留した折り、己高山鶏足寺の末寺として建てられたと伝わり、己高山仏教に関わる天台宗の一寺院として繁栄したという。幾多の戦乱や政治的変遷を経て、寺勢は次第に衰退し、戦国時代には兵火にかかって荒廃し、その後、村人の手によって守られてきた。現在は、自治会で選任された堂宮1名と観音堂世話方4名が中心となって護持を担っている。また観音さん当番という役もあり、毎月17日の観音参りの日に、堂内を掃除したり、お仏飯やお花を供えたりする。

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月26日(火) ~ 8月26日(日)

会場

びわ湖長浜KANNONHOUSE (観音ハウス)

所在地

〒110-0005 東京都台東区上野2-14-27上野の森ファーストビル1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/20

ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。天動説から地動説(太陽中...

2018/9/20

宮いつきは東京都に生まれ、東京藝術大学を卒業後は、創画展、個展、グループ展と発表を重ね、1995年には文化庁芸術家在外研修制度(現・新進芸術家海外研修制度...

2018/9/19

いわさきちひろ生誕100年「Life展」作家で、母で つくるそだてる長島有里枝鼎談【講師】長島有里枝(アーティスト)、高橋朗(PGIギャラリーディレクター...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ