コレクション展「東京・文学・ひとめぐり~鴎外と山手線一周の旅」

2018年6月 5日 10:12

   東京は、夏目漱石、幸田露伴、国木田独歩など、数多くの文学者が住んだ街です。『こころ』の雑司ヶ谷、『五重塔』の日暮里、『武蔵野』の渋谷など、文学者はそれぞれの視点から、街の風景を作品に遺しました。人生の大半を東京で過ごした鴎外もまた、『雁』『有楽門』などの作品や日記に、東京の風物を記しています。これらの描写の中には、現代の私たちにとって馴染み深い風景もあれば、今とは全く異なる景色もあります。本展では、現在東京都心を環状運転する山手線周辺の地域に焦点を当て、ゆかりのある近代の文学作品、文学者や鴎外の足跡を館蔵資料から紹介します。明治大正から賑やかだった上野や新橋、当時は郊外だった新宿や渋谷はどのように描かれたのでしょうか。文学者が描いた風景や風物、名所やそこに集まった人々の様子などを眺めながら、東京をひとめぐりします。江戸から東京へと改称されて150年の今年、鴎外と共に時代を超えた山手線一周の旅の始まりです。

イベント詳細ページへ

会期

2018年7月6日(金) ~ 9月30日(日)

会場

文京区立森鴎外記念館

所在地

〒113-0022 東京都文京区千駄木1-23-4

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/19

武者小路実篤が創設した新しき村は、今年100周年を迎えます。その創立記念日に記録映像の完成披露上映と、新しき村会員に村の生活や思いについてお話を聞く会を開...

2018/10/19

イベント詳細ページへ会期2019年7月9日(火) ~ 9月16日(月)会場東京国立博物館所在地〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

2018/10/19

大好評を博した特別展「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、哺乳類たちが上野に帰ってきます。哺乳類は、多様な能力を獲得し、地球上のほとんど...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ