ドローイング ―内なる水脈の解放―

2018年5月12日 10:00

   このたび、武蔵野美術大学美術館・図書館では、展覧会「ドローイング―内なる水脈の解放―」を開催いたします。当館では、2009年に開催した「ドローイング̶思考する手のちから」展を皮切りに、学生の教育・研究に資するため、ドローイングの収集に力を入れてきました。本展では、近年収蔵した作品を中心に、画家、彫刻家、建築家という、異なるジャンルの作家たちによるドローイングを紹介します。ドローイングは身体を伴う行為であり、そこには偶然性が生まれ、無意識のうちに思いも寄らないイメージを生み出すことがあります。このようにドローイングによって頭の中に潜在する何かを表出させることは、地層深くを流れている水脈を探り当てるイメージに似ています。人間の奥底に眠る無意識の一端を頭の外に解放させる、その引き金がドローイングであるといえるのです。また、ドローイングは紙に記録することによって視覚化が可能となるため、物事を客観的に考えることにも適しているといえます。目まぐるしく変化を続ける現代のデジタル社会においては、パソコンをはじめとする電子機器の普及により、ペンを握らずに意思表示をすることが可能となり、手を動かして何かを書く(描く)という行為は、それ以前と比べて格段に減少しました。そのようなデジタル社会においても、ドローイングにより思考を整理し、無意識から引き出したアイディアをかたちにしていくことは重要であり、多くの可能性を秘めているといえます。それらは制作活動のみならず、これからを生きるためのヒントにつながる“有効な手段”であるといえるでしょう。本展を通して、自ら手を動かしてイメージを探る大切さを感じていただけましたら幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月21日(月) ~ 8月19日(日)

会場

武蔵野美術大学美術館・図書館

所在地

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/20

『カードキャプターさくら』は、1996年から2000年にかけて連載され、2016年に16年ぶりの連載再開、2018年より新章アニメを開始し大反響を呼ぶなど...

2018/10/20

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていました。18世紀から19世紀にか...

2018/10/20

日本アルプスの命名者としても知られる、英国人技師・ガウランド(WilliamGowland,1842-1922)は、大阪・造幣局に勤めながら数百基に及ぶ日...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ