地方創生の機運―1970~80年代の伝統的工芸品収集―

2018年5月 9日 10:00

   物充足による成熟文化の時代、消費性向の多様化、多品種少量生産といった傾向は、すでに1980年代初頭に指摘されていました。環境破壊や大都市一極集中といった情勢に対し、自然保護や伝統文化・地方文化への関心が高まるなど、今日と著しい相似性を示すこの時代の課題は今もって課題のままです。1974年に通商産業省は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」を制定。その時期における明治大学商品陳列館による伝統的工芸品収集の経緯をたどります。

イベント詳細ページへ

会期

2018年8月22日(水) ~ 9月18日(火)

会場

明治大学博物館

所在地

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1アカデミーコモンB1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/20

『カードキャプターさくら』は、1996年から2000年にかけて連載され、2016年に16年ぶりの連載再開、2018年より新章アニメを開始し大反響を呼ぶなど...

2018/10/20

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていました。18世紀から19世紀にか...

2018/10/20

日本アルプスの命名者としても知られる、英国人技師・ガウランド(WilliamGowland,1842-1922)は、大阪・造幣局に勤めながら数百基に及ぶ日...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ