企画展「江上盛雄:風景日記diary/dialoguewithlandscapes」

2018年4月25日 10:12

   江上茂雄は義務教育以降、美術の専門的教育を一切受けず、独学で、身近にある画材「クレパス」「クレヨン」「水彩」そして「木版」による制作を生涯続けました。特に、定年退職後の約30年問は、正月と台風の日を除くほぼ毎日、戸外に出かけ、1日1枚水彩風景画を仕上げて帰宅するという、驚異的な生活を送リました。亡くなる前年の2013年に福岡県立美術館、田川市美術館、大牟田市立三池力ルタ・歴史資料館で連続個展が開催されたことを機に、膨大に残されたその作品とその特異な存在への評価の声が高まリました。いわゆる「アマチュア画家」であった江上の生き方そしてその画業は、私たちに、『画家とは何か』という問いを投げかけてもきます。同展は、東京で江上茂雄の作品を展覧される初の機会です。ぜひご注目ください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月26日(土) ~ 7月8日(日)

会場

武蔵野市立吉祥寺美術館

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16FFビル(コピス吉祥寺A館)7階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/20

『カードキャプターさくら』は、1996年から2000年にかけて連載され、2016年に16年ぶりの連載再開、2018年より新章アニメを開始し大反響を呼ぶなど...

2018/10/20

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていました。18世紀から19世紀にか...

2018/10/20

日本アルプスの命名者としても知られる、英国人技師・ガウランド(WilliamGowland,1842-1922)は、大阪・造幣局に勤めながら数百基に及ぶ日...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ