【特別展】琳派―俵屋宗達から田中一光へ―

2018年4月10日 10:09

   同展では、山種美術館が所蔵する琳派コレクションを中心に、俵屋宗達(絵)・本阿弥光悦(書)《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》(山種美術館)、尾形光琳《白楽天図》、酒井抱一《秋草鶉図》【重要美術品】(山種美術館)、鈴木其一《四季花鳥図》(山種美術館)をはじめとする琳派の画家の優品を一堂に展示。特に、近年、修復を行った同館所蔵の伝宗達《槙楓図》(山種美術館)は、修復後初のお披露目となります。また、同展では、近代・現代における琳派の継承のあり方にも注目します。日本画では、菱田春草(ひしだしゅんそう)や速水御舟(はやみぎょしゅう)、福田平八郎(ふくだへいはちろう)、加山又造(かやままたぞう)など、琳派に影響を受けた名だたる画家たちの作品を通じて、装飾性や平面性など、琳派の造形をいかにとらえ、自己の画風に取り入れていったのか、その過程を見つめます。さらに、「琳派は〈日本のかたち〉の原型だ」と述べ、琳派のエッセンスを随所に散りばめた作品を数多く発表したグラフィックデザイナー・田中一光(たなかいっこう)のポスターもあわせて展示され、17世紀の宗達・光悦に始まり、20世紀の田中一光へと受け継がれた琳派の造形の魅力に迫ります。※会期中、一部展示替えあり前期:5月12日(土)~6月3日(日)後期:6月5日(火)~7月8日(日)

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月12日(土) ~ 7月8日(日)

会場

山種美術館

所在地

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/22

2020年東京オリンピックに向けて工事が進む新国立競技場。そのすぐ側にある「ちゃんぽん」の名店「水明亭」が2018年10月31日に閉店する。 国立競技場や...

2018/10/22

テレビ朝日系列のバラエティー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、「アーティストの全国ツアーがウチの県には全然来てくれない」という話題が取り上げられた。2...

2018/10/21

2018年のプロ野球はレギュラーシーズンが終了。セ・パ両リーグの優勝チームが決まり、ポストシーズンへと突入した。レギュラーシーズンと日本シリーズの2回チャ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ