浜口陽三展 あるかがやき―森芳雄の作品とともに

2018年4月10日 10:13

   浜口陽三(1909-2000)は20世紀後半、パリを拠点に活躍した銅版画家です。ピカソやクレーなどを扱うベルグリューン画廊と出会い、国際的なコンクールで次々と受賞を重ねました。深みのある黒を基調にした作品は、いつまでもその前でたたずんでいたくなるような、穏やかな静けさをたたえ、鑑賞者を魅了して止みません。浜口が本格的に銅版画の制作を始めたのは1950年頃です。同じ自由美術家協会の一員だった洋画家・森芳雄(1908-1997)のアトリエを間借りして、慣れない版画と向き合う日々を送りました。つかの間ではありましたが、浜口が芸術家として開花する時代を共にした森芳雄との交流を、本展では紹介します。浜口陽三の銅版画他約50点と、森芳雄の油彩画6点、素描や資料による構成です。戦前のパリで芸術を学び、戦後には新しい美術をつくりだそうと切磋琢磨した二人。共に抱いた芸術への崇高な憧れを感じていただけたら幸いです。《ナイトミュージアム/会期中第1・3金曜日は20:00まで開館、最終入館19:30》

イベント詳細ページへ

会期

2018年4月27日(金) ~ 7月22日(日)

会場

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

所在地

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/17

床にこぼれた菓子麺が、驚きの状況を作り出した――こんなツイートが2018年9月2日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな状況だったのか、見て...

2018/9/16

投稿者のペットが、ある俳優と似過ぎていて、注目を集めている、こんなツイートが2018年8月23日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どれだけ似て...

2018/9/15

【松岡コレクション―中国動物俑の世界】古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ