「夜明けはまだか‐明治の近代化と小坂鉱山‐」(仮題) | 戊辰戦争・明治維新150年カウントダウン特別展

2018年3月 8日 10:00

   足尾銅山(栃木県)、別子銅山(愛媛県)と並び日本三大銅山と称されたこともある小坂鉱山の歴史を展示。天和3(1683)年をはじまりとする小坂鉱山。近代鉱山としての端緒は文久元(1861)年に小林与作という人物が銀鉱を発見したことに由来する。戊辰戦争のため採鉱が一時中断するが、明治2(1869)年には官営になり、日本有数の銀山として知られるようになる。その後、旧藩主の南部氏経営期、第2次官営期を経て、明治17(1884)年、藤田伝三郎を創業者とする藤田組の手に渡った。藤田組の黒鉱自熔製錬技術の開発により、小坂鉱山は銅山に生まれ変わり、日本三大銅山と称されるまでになる。我が国の近代化に対する小坂鉱山の貢献は大きい。しかし、繁栄の影に公害問題があったのも事実である。明治150年というメモリアルイヤーに明治維新がもたらした光と影について、本展をとおして考えていただければと思う。

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月23日(日) ~ 12月19日(水)

会場

小坂町立総合博物館郷土館

所在地

〒017-0201 秋田県鹿角郡小坂町小坂字中前田48番地1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/23

東京都千代田区のスーパー銭湯「神田アクアハウス江戸遊」が2018年9月30日18時をもって閉館する。神田アクアハウス江戸遊は2004年に開業。秋葉原に近く...

2018/9/22

ちひろが得意とした水彩技法の「にじみ」を体験する人気のワークショップ。今回は、ぽち袋をつくります。【日時】2019年1月2日(水)・3日(木)午前10時3...

2018/9/22

1839(天保10年8月、フランス科学アカデミーで、フランス人のダゲールにより写真術が発表されました。その技法は、今日「ダゲレオタイプ」と呼ばれるもので、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ