「大相撲」の幕開け―土俵・番付・化粧廻しの誕生―

2018年2月14日 10:16

   2月24日(土)・25日(日)、3月3日(土)・4日(日)・6日(火)・7日(水)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)・21日(水・祝)・24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・4日(水)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)展覧会の内容* 「大角力(相撲)」という言葉は、江戸時代中期の番付に登場した。やがて、寛政元年(1789)の横綱誕生、同3年6月の上覧相撲を皮切りに、雷電など人気力士とともに空前の相撲ブームが巻き起こる。江戸時代前期には土俵が、宝暦7年(1757)には1枚番付が誕生。現在の「大相撲」をイメージするモノが出来上がった。加えて、同時期から流行した錦絵には、興行場の様子や力士が描かれ、人気の程がうかがえる。今回は、この江戸時代前・中期の相撲について取り上げる。当時を語る文献や絵などから、相撲興行が確立された時期の様子を感じていただければ幸いである。尚、平成29年は雷電生誕250年にあたり、それを記念して出身地の長野県などは大いに盛り上がった。当館でも本年4月中旬より雷電や寛政期を特集した展覧会を行う。是非、合わせてお越しいただきたい。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月20日(火) ~ 4月20日(金)

会場

相撲博物館

所在地

〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/20

今年も「県民手帳」が話題になっている。 各県の自治体が作成している手帳で、公的情報が充実していて特産品やイベントなど地元の情報が豊富なのが一番の特徴。また...

2018/11/19

東京・上野に本店を構える洋菓子店「上野風月堂」。ゴーフルや東京カステラなどで知られる、創業から270年を数える老舗だ。そんな歴史ある洋菓子店が、2017年...

2018/11/19

全国麺類生活衛生同業組合連合会は、「全国ご当地・オリジナル麺選手権」と題した投票キャンペーンを実施している。麺料理の全国ランキングとグランプリを決める大会...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ