ミケランジェロと理想の身体

2018年1月30日 15:06

   ミケランジェロの大理石彫刻の傑作2点を中核として、古代ギリシャ・口ーマとルネサンスで追求された理想の身体表現を紹介します。ルネサンス美術は古代ギリシャ・ローマ美術を基礎として生まれましたが、その際ルネサンスの芸術家にとりわけ大きな影響を与えたのは、フィレンツェやローマで目にすることのできた数々の古代彫刻でした。古代ギリシャ人は長い年月をかけて理想の美を追い求めましたが、そこで最も重要な役割を担っていたのは男性裸体彫刻でした。つまり、男性の裸体表現を通して美の規範を示したのです。したがって、ルネサンスにおいて古代美術を学ぶことは、男性の理想的な身体を表現することを意味していました。つまり古代とルネサンスの美術は、男性美を通して深く結びついているのです。ここに男性の身体に着目する大きな意味があります。日本人にとってルネサンスは、展覧会の人気のテーマのひとつですが、往々にして、女性を題材とした作品が中心となるようです。美の女神ビーナスは、その代表のひとつでしょう。しかし前述の通り、ルネサンス美術がよりどころとした古代彫刻の根幹をなしているのは、男性美なのです。展覧会で男性をテーマとすることが稀なのは、理由があります。それは、ルネサンスでもっとも徹底的に男性の身体を追求したのがミケランジェロであり、彼の美意識を体現するのは借用の困難な彫刻作品だからです。その高いハードルを越えて実現にこぎ着けたのが本展です。ただ単に、ミケランジェロの傑作を展示するだけではありません。古代とルネサンスの美術を、いくつかの観点―年齢の異なる身体、相貌の表現、アスリートと戦士、神々と英雄など―で比較しながら、両時代の特徴をあきらかにします。また、ミケランジェロに影響を与えた古代彫刻の関連作品も取り上げます。そして展示の最後には、ミケランジェロを敬愛するルネサンス以降の芸術家たちの作品を紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月19日(火) ~ 9月24日(月)

会場

国立西洋美術館

所在地

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/20

今年も「県民手帳」が話題になっている。 各県の自治体が作成している手帳で、公的情報が充実していて特産品やイベントなど地元の情報が豊富なのが一番の特徴。また...

2018/11/19

東京・上野に本店を構える洋菓子店「上野風月堂」。ゴーフルや東京カステラなどで知られる、創業から270年を数える老舗だ。そんな歴史ある洋菓子店が、2017年...

2018/11/19

全国麺類生活衛生同業組合連合会は、「全国ご当地・オリジナル麺選手権」と題した投票キャンペーンを実施している。麺料理の全国ランキングとグランプリを決める大会...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ