特集展示秋岡芳夫全集5 KAKの仕事-河潤之介・金子至とともに

2018年1月 6日 10:04

   秋岡芳夫(1920-1997)は、目黒区ゆかりの工業デザイナーです。1950年代、戦後日本における工業デザインの黎明期に、河潤之介、金子至とともに、目黒区中町の自宅に<KAK(カック)>という名称のデザイン事務所を開設(1953年)、ラジオキャビネット、カメラ、照度計など、光学機器のデザインを得意とし、数々の名品を世に送り出しました。この活気あふれる工業デザイナーグループは、急成長を遂げた日本の工業デザインの発展に大きく寄与していきます。2011年に開催した「DOMA秋岡芳夫展」以降、年度末に開催している特集展示「秋岡芳夫全集」の第5回目となる今回のテーマは、このKAKの仕事を取り上げます。3人すべてが代表取締役であるとし、それぞれの持ち味を活かして多くのすぐれた工業製品を作り出していきました。3人は、生活と工業デザインのあるべき姿を常に考え、よく遊び、よく仕事をしながら、デザインに携わっていましたが、沢山のアルバムに残っているその様子は、今見ても新鮮です。本展では、秋岡・河・金子によるKAKの仕事をフォーカスし、カメラ、露出計などの光学機器から学研科学の付録に至る仕事を展示します。さらに、三人三様のキャラクターにも光をあて、河潤之介、金子至のユニークな人となりも、KAK以外のプライベートな仕事を通して紹介していきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月10日(土) ~ 3月18日(日)

会場

目黒区美術館

所在地

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/20

2018年10月17日からJR赤羽駅の5、6番線ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」の実証実験が行われて...

2018/10/19

武者小路実篤が創設した新しき村は、今年100周年を迎えます。その創立記念日に記録映像の完成披露上映と、新しき村会員に村の生活や思いについてお話を聞く会を開...

2018/10/19

イベント詳細ページへ会期2019年7月9日(火) ~ 9月16日(月)会場東京国立博物館所在地〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ