清川泰次平面と立体

2017年11月28日 10:00

   静岡県浜松市に生まれた画家・清川泰次(1919-2000)は、慶應義塾大学在学中に独学で油絵をはじめました。卒業後は二科展や読売アンデパンダン展などで作品を発表していましたが、それまで描いていた具象表現に疑問を抱くようになり、1951年から54年までの渡米を機に、本格的に抽象表現の道へ進むことを決意します。 その後、清川は、少しずつスタイルを変えながら、色、線、面の構成により生み出される美を探求し、70年代から80年代には、白く塗ったカンヴァスに白い線を引いたシンプルな表現に行き着きました。しかし、最晩年の90年代に入ると、色彩が復活し、様々な色で幾何学的なかたちや線を描くようになります。その探求は、平面作品だけでなく立体作品にもおよび、ステンレスや木を素材に、彼の絵画に通ずる、シンプルなかたちを追求した彫刻の数々を制作しました。 本展では、清川が1980年代以降に制作した絵画と彫刻、あわせて20余展をご紹介します。ものを写すことに捉われない独自の抽象表現で精力的に制作を続けた清川が、晩年に、平面と立体という二つの表現で創り出した色、線、かたちの美をご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年12月16日(土) ~ 2018年3月18日(日)

会場

世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー

所在地

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-22-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/10/20

2018年10月17日からJR赤羽駅の5、6番線ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」の実証実験が行われて...

2018/10/19

武者小路実篤が創設した新しき村は、今年100周年を迎えます。その創立記念日に記録映像の完成披露上映と、新しき村会員に村の生活や思いについてお話を聞く会を開...

2018/10/19

イベント詳細ページへ会期2019年7月9日(火) ~ 9月16日(月)会場東京国立博物館所在地〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ