世界を制した日本のカメラ~もうひとつの日本カメラ史~

2017年11月17日 10:30

   日本のカメラ産業は、第2次世界大戦後に輸出産業の花形として日本の復興を支え、今日までに比類なき成長を遂げました。日本のカメラ産業の歴史をたどると、戦後の復興・隆盛期から発展が始まったと思われるかもしれません。しかし、実際はすでに戦前からカメラ関連の企業が多数存在していました。特に戦後は、精密機械、光学、エレクトロニクスなど日本が得意としてきた技術の発展のなかで、それらを生かしたさまざまな物作りがなされたことで、カメラ産業は現在のような地位を築き上げました。そして、ここに至るまでには、多くの挑戦や失敗があり、ブームがあり、時代を色濃く反映しながらも、知られざるカメラたちもたくさん作られてきました。今回の特別展は、戦中のカメラ作りを起点に、これまでに登場した多数のカメラを多角的な視点で分類整理することで、日本のカメラの歴史に新たな一面を発見することができる展示です。戦後72年、日本製カメラを新たな視点からとらえることでみえてくる、“もうひとつの日本カメラ史”をお楽しみください。また、開催期間中には関連イベントとして、講演会を11月18日(土)および2018年1月21日(日)に開催いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月24日(火) ~ 2018年2月18日(日)

会場

日本カメラ博物館

所在地

〒102-0082 東京都千代田区一番町25JCII一番町ビル

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/17

[みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2018年11月9日放送「5up!news」のコーナーで、今シーズン限りで引退の広島東洋カープ新井貴浩選手をね...

2018/11/17

子育て中は「洗濯物がいっぱいで大変」「いつも洗濯機はフル回転」というママさんが多い。育児に家事、仕事とみな忙しくしているだろうが、だからといって、マナーを...

2018/11/17

日本全国の美術大学、教育系大学、専門学校の学生による版画展。力作がそろいます。抽選で素敵な作品が当たる観客賞の投票や、恒例の学生作品販売も大人気です。イベ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ