古筆-かなの美-

2017年9月26日 10:00

   「古筆」とは、古人のすぐれた筆跡のことをいいますが、主として平安~鎌倉時代の和様の書、とくに歌集を筆写したかなの書をさします。平安~鎌倉時代の貴族生活において和歌は必須のものであり、数多くの歌集が編纂され、美しい料紙に書写されました。時代が下り、室町末~江戸時代になると、茶の湯の隆盛による掛物の需要、あるいは古筆を貼り込んだ観賞用の手鑑の流行にともない、冊子・巻子の歌集は分割されて断簡へと姿を変え、古筆切となって今日に伝存します。筆跡の美、料紙の華麗さはもとより、旧蔵者・伝来の地名・料紙の特徴等にちなんで名付けられた古筆切の名称にも思いをめぐらせながら、鑑賞していただければと思います。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月2日(月) ~ 12月16日(土)

会場

センチュリーミュージアム

所在地

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町110-22

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/17

床にこぼれた菓子麺が、驚きの状況を作り出した――こんなツイートが2018年9月2日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな状況だったのか、見て...

2018/9/16

投稿者のペットが、ある俳優と似過ぎていて、注目を集めている、こんなツイートが2018年8月23日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どれだけ似て...

2018/9/15

【松岡コレクション―中国動物俑の世界】古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ