墨絵・光琳ワールド&こぶ牛ワイルド

2017年9月19日 10:00

   尾形光琳の墨絵を4点展示します。代表作には華やかな作品が多い光琳ですが、光琳は魅力的な墨絵も多く残しています。光琳にしか描けない墨線の美、光琳にしか操ることのできない墨の諧調があります。光琳絵画の魅力ともいうべき豊かで繊細な生命力は、華やかな色彩の助けの届かない世界でも、その妙味をいかんなく発揮しています。また、紀元前900-前800年頃に作られた古代イランの土器を10点展示します。こぶ牛形の土器は3点。『ペルシャの形象土器』(深井普司著 淡交社 1983年)の表紙のデザインとなっている作品も展示します。古代イランで作られた土器の造形はとてもユニークです。「こぶ牛形土器は現代アート!!」という方もいるほどです。日本ではなじみの薄いこぶ牛。実物のこぶ牛の写真を見てから、作品を観るのも面白いかと思います。その他、「山水図」(雪村周継筆)、「布袋図」(白隠慧鶴筆)、日本の陶磁器19点(すべて常設展示作品)、アジアの仏教彫刻9点(8点の常設展示作品含む)、そして岡田茂吉作品を展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2017年11月10日(金) ~ 11月25日(土)

会場

東京黎明アートルーム

所在地

〒164-0003 東京都中野区東中野2-10-13

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/9/22

ちひろが得意とした水彩技法の「にじみ」を体験する人気のワークショップ。今回は、ぽち袋をつくります。【日時】2019年1月2日(水)・3日(木)午前10時3...

2018/9/22

1839(天保10年8月、フランス科学アカデミーで、フランス人のダゲールにより写真術が発表されました。その技法は、今日「ダゲレオタイプ」と呼ばれるもので、...

2018/9/22

遊興の別天地として繁栄した吉原。そのトップに君臨したのが花魁(おいらん)でした。花魁は現代でも繰り返し映画や漫画のヒロインになるなど、その浮世離れした魅力...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ