ミュージアム情報 東京都

ミュージアム情報

2018/9/20

年末年始恒例の館蔵品展。今回は円山応挙筆「国宝雪松図屏風」を全期間展示します。また、茶道具の名品にあわせて館蔵品の中から、動物をテーマにした絵画や工芸品を...

2018/9/20

ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。天動説から地動説(太陽中...

2018/9/20

宮いつきは東京都に生まれ、東京藝術大学を卒業後は、創画展、個展、グループ展と発表を重ね、1995年には文化庁芸術家在外研修制度(現・新進芸術家海外研修制度...

2018/9/19

いわさきちひろ生誕100年「Life展」作家で、母で つくるそだてる長島有里枝鼎談【講師】長島有里枝(アーティスト)、高橋朗(PGIギャラリーディレクター...

2018/9/19

水神社は、江戸時代には水神宮、浮島宮などとも呼ばれ、隅田村の鎮守でした。この無住の社は、明治2年に矢掛弓雄という人物が神主に着任して以降、同5年には村社に...

2018/9/19

元禄年間(1688~1704)、日本は経済活動の発展により、空前絶後の繁栄を極めました。開府よりおよそ100年を経た江戸は人口100万を突破、世界屈指のメ...

2018/9/19

-つくり続けることの強さとやわらかさ-記憶や身近な人との関係性を手がかりに、自身のライフヒストリーや社会の陰に隠れてきた女性の創造性に光をあてる作品を制作...

2018/9/19

山田壽雄(1882-1941)は、『牧野日本植物図鑑』(1940年)の図を担当した一人で、山田の図は植物学者牧野富太郎(1862-1957)の信頼を最も得...

2018/9/15

【松岡コレクション―中国動物俑の世界】古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐...

2018/9/15

今年、平成30(2018)年は明治元(1868)年から150年目となる節目の年です。約260年間続いた武家政権が終わり、新たな中央集権国家への道を歩み始め...

2018/9/14

ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする塩田千春は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られています。...

2018/9/13

森鷗外の『うた日記』は、日露戦争中に鷗外が戦地で創作した詩歌を、戦後自ら編集し、明治40(1907)年9月に刊行した詩歌集です。万葉集の古歌から象徴詩まで...

2018/9/12

兵庫県の中心からやや南東に位置する加東市。平成18年に社町・滝野町・東条町が合併して誕生した当該エリアは、律令制の播磨国で賀毛郡の大部分を占め古来ひとつの...

2018/9/12

本展覧会は、共感と多様性をテーマに、異なる個性を持つ個人が、どのように自分と向き合い、他者と関わり合い、互いを理解し、つながることができるのかを体感する「...

2018/9/12

井の頭池遺跡群での本格的な発掘調査は、昭和37年(1962)市史編纂事業に伴い國學院大學大場磐雄博士による指揮のもと、武蔵野市と國學院大學により行われまし...

2018/9/12

平成30(2018)年の夏、歴史館に持ち込まれた数点の資料のなかに、1冊のTransitBookがありました。昭和19(1944)年10月15日からはじま...

2018/9/11

本展は香月泰男美術館の協力のもと、これまでほとんど館外へ出ることのなかった、香月のシベリア抑留体験から生まれた作品と、家族への愛情ふれる情景を描いた作品を...

2018/9/11

JCIIフォトサロンでは、来る10月2日(火)から10月28日(日)まで高円宮妃久子殿下作品展「旅する根付」を開催します。高円宮妃殿下は、大学時代に写真部...

2018/9/11

発展と変容の著しいアジア。現代写真・美術の世界においても、アジアに向けられる視線はますます熱くなっています。本展は家族、セクシュアリティ、ジェンダーのあり...

2018/9/8

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して、満150年にあたることから、明治時代の消防について企画展を開催します。イベント詳細ページへ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ