「これを見ながらの通勤は過酷」 山手線に本物の羽毛ふとんを使った広告が登場→なぜ?メーカーの狙いを聞いた

2020年11月27日 18:00

山手線の電車に飛び乗ったら、そこに羽毛ふとんが吊り下げられていた......と、いまツイッターで話題になっている。まさか?と思う読者は、こちらの写真をご覧いただこう。

town20201127174631.jpg

間違いない、寝具メーカー・西川の羽毛ふとんの広告のようだ。

電車内通路を横断するように吊り下げられた、「中吊り」などと呼ばれる形式の広告である。乗客の目に入りやすい場所で、「新しい羽毛はちがうね。」というキャッチコピーと共に、「端から端まで羽毛がパンパンですね」という言葉も見える。

ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。

「これ見ながらの通勤は過酷」
「外して、寝てしまいそうですよね」
「これに抱きついて ぶら下がったまま寝る」
「これが新時代の寝台列車ですか」

いったい、これはどういう企画なのだろうか? 2020年11月27日、Jタウンネット記者は西川に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ