「すごい人がいた痕跡がある」 鴨川で発見された石ころオブジェが話題に→なぜ積もうと...?作者に聞いた

2020年11月19日 17:00

家族連れやカップル、学生などで賑わいを見せる鴨川デルタ(京都市)。鴨川と高野川が合流する三角州であり、ギリシャ文字のデルタに形が似ていることからその名がついたという場所だ。

そんな鴨川デルタで「すごい人がいた痕跡」を目撃したとのツイートが話題となっている。

いったいどんなものが残されていたのか......。実際の写真がこちらだ。

何だこれは...!(画像は投稿者より提供)
何だこれは...!(画像は投稿者より提供)

河原に落ちている石を積む...というのは、誰でも子どもの頃にしたことがある遊びだろう。筆者もやったことがあるが、石の大きさや形がなかなか上手くハマらなくてすぐに崩れてしまったような気がする。

しかし、今回話題となったこの石のオブジェは、圧倒的なクオリティ。大小、形もバラバラな石たちが何とも絶妙なバランスを保っており、中には左右の石に支えられて浮いている石もある。重力を感じさせない見事なオブジェだ。

これは相当すごい人がここにいたのだろう......。

2020年11月16日に投稿されたこの写真にツイッターでは

「すげぇぇぇw」
「バランス感覚すごい」
「賽の河原で鬼をも感動させる才能の持ち主......」
「京都には凄い人がおるもんや」

といった反応が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ