「鼻」にハマって、かわいくポーズ! 浮世絵の一部になれる「体ハメ看板」が斬新すぎた

2020年9月 9日 21:00

顔部分に穴が開き、自身の顔をはめて撮影することができる「顔ハメ看板」。観光地などに設置され、旅の記念に1枚撮っていく人もいるだろう。

ツイッターでは、そんな「顔ハメ看板」ならぬ「体ハメ看板」が話題になっている。

まさかの「体ハメ」(画像は東北歴史博物館提供)
まさかの「体ハメ」(画像は東北歴史博物館提供)

「体ハメ」の対象となっているのは、男性の顔を描いた大きな浮世絵。鼻には人型の穴が開いており、どうやらここに体をはめて記念撮影ができるらしい。写真だと少しわかりづらいが、耳にも穴があるそうだ。

なぜ浮世絵に体をはめるという発想に至ったのか...。Jタウンネットは2020年9月9日、この浮世絵が設置されていた東北歴史博物館(宮城県多賀城市)に取材した。

作品は「寄せ絵」

この浮世絵パネルは、東北歴史博物館で開催されていた特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」(7月4日~9月6日)の一環で、同館ロビーで展示されていた。特別展が終了したため、現在は展示されていないという。

特別展を担当した学芸員・秋山沙織さんによれば、展示は江戸時代後期の浮世絵師・歌川国芳の作品「みかけハこハゐがとんだいい人だ」(読み:みかけはこわいがとんだいいひとだ、所蔵:京都国際マンガミュージアム)をもとに製作。作品は「寄せ絵」というジャンルで、文字通り人物の絵を「寄せて」作られているという。

たしかに作品は、顔や頭、手、さらにはまげまで小さな「人間」で構成されている。体ハメ用にくり抜かれた鼻と耳にも、もともと人がいたようだ。

秋山さんは体ハメ展示を作った理由について、

「はめるんだったら顔よりも体ではめた方が面白いかなと思いました」

と話す。人型の穴は大人の男性が入るには少し小さく、ぴったりはまるというよりは前で撮影するイメージだという。被写体が二人の時は耳と鼻、一人の時は鼻にはまって耳は人型の絵で隠す仕様だったそうだ。

撮影のコツは「おしりをプリっとかわいく!」

ツイッターでは、浮世絵の横に掲示されていた「記念写真撮り方指南」も話題に。掲示では東北歴史博物館での職員が体を張って、撮影の仕方を紹介していた。

かわいい...(画像は東北歴史博物館提供)
かわいい...(画像は東北歴史博物館提供)

鼻の人「おしりをプリっとかわいく!」
耳の人「かわいくポーズ!」

浮世絵との記念撮影に何を求めているのだろうか――秋山さんは「撮り方指南」を作った理由について、

「楽しんで撮っていただけたらという趣旨です。パネルだけだと、どうやって遊んでいいのか分からないと思ったので、実際に撮っているところを載せました」

としている。

体をはめる浮世絵の展示は、特別展最終日である9月6日にツイッターで話題となり、

「なにこれ!!おもしろい!!!センスだ...!」
「ハメに行きたくなるじゃあないか?!」
「有名な浮世絵ですね。この発想自体が突拍子もないですが、その一部になっちゃおうという企画も斬新!」
「裸にならなければいけませんか?(元作品のように)」

といった声が寄せられた。

秋山さんによれば、展示は大人子供問わず興味を持って撮影していたとのこと。ただ、特別展はすでに終了し、現在のところ再展示する予定はないという。

担当者は投稿が話題になったことについて、

「話題にしてくださって、ありがとうございます。(展示終了のため)できれば、もうちょっと早いと嬉しかったです」

とコメントした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ