「この先42キロは砂利道です」 アスファルトの偉大さを痛感させる青森の県道が話題に

2020年8月26日 20:00

「雨の日は避けた方が良いかもしれません」

重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより
重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより

先ほどのツイートを投稿した重岡さんによれば、42キロの未舗装道路が続いていたのは、「白神ライン」の愛称で知られる県道28号だという。

「7月25日、友人と二人で行きました。 せっかくなので世界遺産である白神山地の近くを通る、この道路を通行しようという話になり、走ってきました。 途中、お手洗いや展望台で数回停車しましたが、(当然ですが)どこも静まり返った山の中だったのが印象的でした」

白神ラインは、深浦町岩崎で国道101号から分岐した後、笹内川沿いに東進し、白神山地を横断する。

途中、雄大な白神岳を臨む白神展望所、追良瀬大橋、赤石川大橋、白神山地のポスター撮影地でもある天狗峠、乱岩の滝、ブナ、ナラなどの巨木で知られる津軽峠などの観光スポットがある。

重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより
重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより

重岡さんが乗っていたのはホンダのFF車だったというが、運転技術的に難しい場所は、とくになかったのだろうか?

「友人が山道に多少心得があったので、特段の苦労はなかったです。 道幅が狭く対向車との離合箇所が限られる点、アスファルト舗装と違いカーブで滑りやすかったり、突然路面に凹んだ部分があったりする点など注意すれば、未舗装とはいえ、ある程度整備された道なので普通の乗用車でも走れます。

他に走っていた車も、特別な装備等がある四駆車よりも、ごく一般的なミニバンや軽自動車が多かったです。ただし雨の日は避けた方が良いかもしれません」

重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより
重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより

重岡さんの報告を受けて、ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「10年以上前ですが、この道を通ったことがあります。滝の所、前日の雨と突然の土砂降りで道路まで水がかかる勢いでした...命からがら抜けましたが恐怖そのものでした」
「時間に余裕がある時以外は走りたくないですが、なんとなく走ってみたいかも......」
「42キロはお腹いっぱいになりますね。 羨ましいです」

重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより
重岡宗太郎(@bnd3yh)さんのツイートより

次に、「白神ライン」の一部を管理する鯵ケ沢道路河川事業所にも話を聞いた。

「白神ラインは主要地方道ですが、山間部に位置していますので、砂利道が多く、道幅が狭い箇所もありますので、注意して走行してもらいたいという意図で、あのような走行注意の案内板を数カ所に設置しております。

アスファルト舗装のところも一部ありますが、ほとんどが砂利道で、車の種類によっては、大変な場合もあるかと思います。とくに大雨の後など、天候によっては、通行止めになる場合があります。観光客の皆様には、豊かな自然環境を楽しみながら、充分に気を付けて走行していただきたいと思います」

冬季は、降雪のため、閉鎖となるという。この夏、ドライブ好きには、ちょっと試してみたい「未舗装道路」かもしれない。ただし台風や大雨など、天候が悪いときは、絶対に避ける方が賢明だろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ