電車の中に枯山水が...! 阪急の快速特急「京とれいん雅洛」が雅すぎて「靴を脱いで乗車してしまいそう」

2020年8月25日 06:00

「阪急電車に乗って文化的生活を感じる これは本当に電車なのだろうか......?」

あるツイッターユーザーによる、こんな投稿が注目を集めている。移動手段である電車で、「文化的生活」が感じられるとはどういうことなのか。

その車内の様子が、こちらだ。

これは本当に電車なのだろうか...。投稿者と同じ感想しか出てこない。「和」の雰囲気が漂う車内には円形の窓、庭石などが設置され、「電車」であることを忘れてしまいそうな空間となっている。まるで高級旅館のようだ。

車内の様子は、ツイッターユーザーのいんちょーし(@inchoshi)さんが2020年8月15日に投稿。21日18時時点で2万8000件以上リツイートされ、話題になっている。

いんちょーしさんが乗ったのは、19年3月から阪急京都線(大阪梅田~京都河原町)で運行している快速特急「京とれいん 雅洛(がらく)」。こちらの電車は全席自由席、普通運賃で乗車可能だという。予約も不要だ。

ずっと乗っていたい(「京とれいん 雅洛」提供・阪急電鉄)
ずっと乗っていたい(「京とれいん 雅洛」提供・阪急電鉄)

いんちょーしさんの投稿に対し、他のユーザーからは、

「阪急電車の本気モードです。箱庭まで造ってありますから」
「大阪在住で阪急電車よく使いますが、こんな仕様見たことないです!」
「思わず、靴を脱いで乗車してしまいそうです...初めて電車に乗車した人達のように(遠い記憶)」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ