まるで曾祖父とひ孫...? 広島で「年齢差93歳」の路面電車が発見される

2020年8月20日 06:00

「その年齢差なんと93歳」

2020年8月11日、ツイッターユーザーのKHS(@KHS10812133)さんが、こんなコメントとともに、広島市内で撮影したある光景を投稿し、注目を集めた。

いったい何の年齢差なのか――投稿された写真が、こちらだ。

写真左は570形、右は5200形(画像はKHS@KHS10812133さん提供)
写真左は570形、右は5200形(画像はKHS@KHS10812133さん提供)

写真の中で並んでいるのは、広島市内を運行する広島電鉄(本社・広島市)の路面電車だ。

左の緑色の車両が1926年製造の570形、右は2019年製造の5200形。つまり製造年の差は「93年」――人間でいうと曾祖父母とひ孫ぐらいの年齢差だろうか。 路面電車の歴史を感じる、なんだか感慨深い2ショットだ。

KHSさんによれば、撮影場所は広島駅。ツイッターでは投稿に対し、

「コレぞ、路面電車王国広島!」
「まだ、戦前車が、走ってたんですね(驚愕)」
「久々(10年ぶりくらいかな?)に広電乗りたくなってきましたw」

といったコメントが寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ