移住はもう「下見なし」の時代に...? 北九州市の「オンライン移住相談」が手軽すぎて最高だった

2020年7月14日 16:00
提供元:北九州市
town20200713161701.jpg

都会は、人が多すぎる――。

新型コロナウイルスによる外出自粛が明け、街に人が戻ってきた。長いこと在宅勤務をしていた筆者も、出社する日が増えた。そこで改めて、都会の人の多さを感じる。まだ以前ほどではないものの、ほぼ満員の電車。駅では人並みに飲まれ、乗り換えをするにも一苦労である。

人が多いのは何も東京だけではない。筆者の住む横浜も、駅前は賑わいを見せている。自粛に慣れてしまった筆者は、休日にちょっとした買い物に行くだけで疲れ切ってしまう。

横浜生まれ、横浜育ち。24年間、生粋の都会っ子としてやってきたが、そろそろ静かなところでゆったり暮らしたい......。新型コロナによる自粛生活を受けて、そんな思いがうっすら芽生えてきた。

テレワークも定着してきた今、記者の仕事は日本にいればどこからでもできる気がする。それならば何もこんな窮屈な都会で疲弊している必要はないのではないだろうか......?

そんなやさぐれた気持ちになっていた筆者の元に、福岡県北九州市で行っている「オンライン移住相談」の取材依頼が舞い込んできた。

北九州市といえば、メインの繁華街である小倉、また観光スポットとして門司港レトロなどが有名だ。温暖な港町でご飯もお酒も美味しい、というイメージがある。 何だかゆったり暮らせそうだ。

大正時代の趣が残る門司港レトロ
大正時代の趣が残る門司港レトロ

とはいえ、移住相談のハードルは高い印象だ。役所などに行って、面倒な書類を何枚も書いて......といったイメージがある。しかし、それが今回はオンラインでできるという。

システムはとても簡単。指定のアドレスに希望する相談日をメールすると、テレビ会議システム「zoom」のURLが送られてきて、予約が完了。時間になったらそのURLにアクセスするだけで簡単に移住相談が開始できる、らしい。

しかし、住み慣れた場所を離れて地方に移住、となると大きく生活も変わる。そんな重い相談が、はたしてオンラインでできるものなのだろうか......という不安もある。

どちらにせよ、穏やかでゆったりとした地方での生活に憧れはある。

せっかくなので、実際にオンライン移住相談をしてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ