選択肢はトド、アシカ、カワウソ、飼育員... 桂浜水族館の「エサやり企画」が何かおかしいと話題に

2020年6月 8日 18:00

高知市の桂浜水族館が実施した「オンライン餌やり」という取り組みが、ツイッターで注目を集めている。

専用サイトから餌をあげたい動物を選んで購入すると、現地にいる飼育員がその動物にエサをあげてくれるというものだ。その様子はオンラインのイベント上で中継され、購入者はエサやり中の飼育員と会話することができる。

取り組み自体もユニークだが、注目すべきは餌をあげる対象。カワウソ、アシカ、トドが並んでいるのは分かるが、なぜか「飼育員」が選択肢に入っているのだ。

飼育員への餌、1000円(画像は専用サイトより)
飼育員への餌、1000円(画像は専用サイトより)

桂浜水族館のツイッターではたびたび飼育員が紹介されているが、まさかオンライン餌やりにまで参加してくるとは...。対象となっている飼育員は2人。しかも餌代は1000円と、他の動物たちよりちょっとお高めだ。

ツイッターではこの取り組みに対し、

「一番高くて草」
「飼育員だって水族館のなかまたちなのでセーフ」
「めっちゃ課金してどれだけ食えるのか見てみたい」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ