田んぼ、夕日、水のせせらぎ... 農村の初夏を捉えた写真に「ノスタルジックすぎて泣きそう」

2020年5月28日 21:00

春というより初夏といった方が良い陽気である。

緊急事態宣言も解除され、どこか爽やかな気分になった人も多いことだろう。こんなときは郊外へ出かけて、久々に田園風景などを眺めてみてはどうだろう。いま新緑がまぶしいほどに美しい。

2020年5月26日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

田んぼに水が満たされていく光景を捉えた、みずみずしい写真だ。「田んぼに水が満ちていく時間が好きすぎる」というコメントが添えられている。

投稿者はdokubutuさん(@dokubutu)で、ツイッターには7万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ。ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「田んぼでカエルの合唱が始まると、やっと終わったと思えてくる。同時に畔に穴開けてくるネズミとの戦争が始まる...」
「わかる 流れてる水ってずっと見ていられる 個人的に湧き水とかめっちゃ好きw」
「へりに座って陽が沈むまでボォーっと眺めてたい」
「ノスタルジックすぎて泣きそう」

農村に育った人が懐かしいと感じるのはもちろんだろう。だが、都会育ちの人間まで郷愁をそそられるのはなぜだろう。祖父母の家に連れて行かれた思い出なのだろうか。それとも日本人のDNAの中にインプットされた何かが触発されるのだろうか。

Jタウンネット記者は、この写真を撮影したdokubutuさんに詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ