「什の掟」で新型コロナ対策 福島県人の心に響く「ならぬことはならぬ」呼びかけに注目

2020年4月 2日 20:00

これは福島県観光物産交流協会・観光部の公式ツイッターの投稿だ。

新型コロナウイルスの感染予防対策が、福島県で広く知られる会津藩士の心得「什の掟」に沿って挙げられている。

「什の掟」とは会津藩士が子供の頃に教えられていた、会津藩士にふさわしい人間になるためのルール。「ならぬことはならぬものです」で締めくくられており、当時はこれを破るとその重さによった罰まであったという。

現在でも会津若松市では「什の掟」を元にした「あいづっこ宣言」を子どもたちに教えている。

福島県のシンボル・鶴ヶ城
福島県のシンボル・鶴ヶ城

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ