「不断の修練→究極の安全」 JR訓練センターの駅名標が粋だった

2020年2月25日 06:00

駅番号をよく見ると...

JR東日本八王子支社の広報担当者によれば、ここは山梨県大月市にある技能教習所「笹子設備トレーニングセンター」だ。駅のホームや線路など実際の設備が整い、社員が訓練に使用しているという。

本物のホームのようだ(画像は歩く短魚雷@tangyoraiさん)
本物のホームのようだ(画像は歩く短魚雷@tangyoraiさん)

トレーニングセンターには一般人は入れない。笹子設備訓練センター駅も訓練用のもので、一般乗客が乗降することはない。

しかし隣駅の「不断の修練」「究極の安全」とは何なのか。担当者は、

「弊社の安全綱領の中に『不断の修練』というものがあります。またグループ理念の中に『究極の安全』というのがございまして、それぞれのキーワードを使用しています」

としている。

たしかに、JR東日本の安全綱領を確認すると、

「安全の確保は、規定の遵守及び執務の厳正から始まり、不断の修練によって築き上げられる」

の一文がある。またグループ理念にも、

「私たちは『究極の安全』を第一に行動し、グループ一体でお客さまの信頼に応えます」

の一文があり、どちらもグループにとっては大事なキーワードのようだ。

また駅番号をよくみると訓練センターは「335(笹子)」、究極の安全は「802(八王子)」となっている。こちらも偶然ではないだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ