アナログだけど画期的 京都駅トイレの個室に設置された「紙」がグッドアイデア

2020年2月17日 06:00

関西エリアでは1箇所のみの設置

JR東海の広報担当者によると、マークは京都駅の新幹線改札内の女性トイレに設置されているものだという。設置したきっかけは、トイレの構造にあるという。

「こちらの女性トイレは、柱の位置が視界を遮るなど、構造上見通しがよくないです。そのため、従前より、お待ちいただく際の並び方や掲示板等に『こちら側に並んでください』といった表示をし、改善の施行を繰り返しておりました。

『〇×』マークもそういった取り組みの一環で、2018年頃から表示しております」(広報担当者、以下同)

この取り組みは、京都駅及び同駅でJR東海が清掃を委託しているグループ会社の独自の取り組みによるものだという。試験的に実施しているため、素材は紙を使っていると述べる。

「ツイッター以外の場所でも、わかりやすいとご好評をいただいているため、今後の設置方法については耐久性や見やすさを踏まえて検討してまいります」

ちなみに、JR東海が所管する関西エリアの駅では、1箇所のみの設置だそうだ。女性用トイレ限定なのである。男性用トイレには設置しない理由については、見通しの問題がないからだという。あくまで、見通しの良さを改善するための施策なのだ。

広報担当者は、今回話題になったことについて、こう述べた。

「スペースに限りがあるため、見通しの悪さや混雑等でご迷惑をおかけする場面があり、心苦しく思っております。

ですが、こうした工夫で少しでも快適にご利用いただければありがたいと考えております」

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ