デカい、デカすぎる...! 超巨大キャベツ「札幌大球」ってどんな品種?JAに聞いてみた

2019年10月30日 11:00

道民から推しレシピ殺到!

「焼豚女(黒焦げ)」さん(@sao717_pockle)のツイートより
「焼豚女(黒焦げ)」さん(@sao717_pockle)のツイートより

ツイッターに寄せられたレシピは、当然かもしれないが北海道民や出身者からの投稿が目立った。例えば......、

「はじめまして。 札幌大球は漬物用です。 固いので 漬物として食べるのをオススメいたしますw」
「内地民は大抵大きさに驚きますし、口頭だと信じて貰えません ニシン漬け、マス漬け用です 硬いところは煮込んでポトフやトマトスープ等のやっこいのが甘くて美味しいです 葉の芯はスライスすると火の通りが早いし筋っぽさも気にならないかと思います 元道民より」
「せっかくだから、『ちゃんちゃん焼き』どうぞ~。 鮭とキノコや野菜を入れて、味噌・砂糖・酒・みりんで!野菜のメインにキャベツは外せませんよ」

ツイッター上はまるで料理教室のように......。投稿主の「焼豚女(黒焦げ)」さんに「どう調理するか、決まりましたか?」と聞いてみると......。

「とりあえずお好み焼きを作ります。漬物は樽を置く場所が無いので無理そうです。クソでかロールキャベツには挑戦してみたいです」

札幌大球(JAさっぽろ公式サイトより)
札幌大球(JAさっぽろ公式サイトより)

......というわけで、ネット上で話題沸騰の巨大キャベツ「札幌大球」だが、いったいどんな品種なのだろう? JAさっぽろ(札幌市農業協同組合)に聞いてみた。答えてくれたのは、JAさっぽろ広報の担当者だ。

「札幌大球はさっぽろ伝統野菜の一つ、直径50センチ、重さ10キロを超える巨大キャベツです。明治初期、アメリカからキャベツの種子を輸入し栽培したのが始まりと言われています。昭和初期には、主に漬物用として広く栽培されていました。その後、生産量は徐々に減少しましたが、最近、復活を遂げ、その食感と甘くて風味が良い味に関心が高まっています」

漬物ではニシン漬けがいちばんポピュラーだが、お好み焼き、ロールキャベツなど、さまざまな料理に利用されているという。

「焼豚女(黒焦げ)」さん、いろいろ試してみてはいかがだろう。

札幌大球の収穫(JAさっぽろ公式サイトより)
札幌大球の収穫(JAさっぽろ公式サイトより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ