水色=東西線、黄色=銀座線... 東京メトロ仕様の「クーピーペンシル」が爆誕していた

2019年10月19日 11:00

「ただダークグレーというネーミングではつまらない」

担当者によれば、このクーピーは10月5日に発売されたばかり。東京メトログッズのオンラインショップ「メトロの缶詰」、地下鉄博物館、一部のMETRO'S売店、書泉グランデ、書泉ブックタワーで販売している。

外装もメトロ仕様に(画像は東京メトロ提供)
外装もメトロ仕様に(画像は東京メトロ提供)

ツイッターで指摘されている気になる点について聞いてみよう。

まずは東西線と千代田線だけ2色ある点。こちらは、それぞれの車体の帯が2色を使ったラインになっていることから、その両方を入れたという。

向かって左から開業順になっていることに関しては、

「東京メトロの路線図なども開業順になっていることから、この並べ方にしてみよう、となりました」(東京メトロ広報)

たしかに、路線図を確認すると上から開業順になっているのがわかる。

上から開業順に(東京メトロ公式サイトより)
上から開業順に(東京メトロ公式サイトより)

最後に、路線でも何でもない「とんねる」。カラーを12色にするという目的もあったのかもしれないが、一番の謎だ。担当者に聞いてみると、

「地下鉄の車窓はトンネル!という発想からです。他の色を路線名にしたこともあって、ただダークグレーというネーミングではつまらないと感じて『とんねる』と命名しました」

とのこと。「『とんねる』という名前に反応いただけてとても嬉しいです」とも話しており、担当者のこだわりが感じられる。

クーピーペンシルには消しゴム、削り器、ぬり絵ポストカード2枚も付いている。価格は税込1500円。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ