「スマホ世代が見るはずもないのに...」 逆転のアイデア?駅ホームの「自虐広告」にネット注目

2019年10月 2日 06:00

駅のホームで電車を待っている時、あなたは何をしているだろうか。スマホを見て時間をつぶす――という人も少なくないはずだ。

今となっては当たり前の光景だが、そんな若者たちに見てほしいと言わんばかりの広告がツイッターで話題となっている。

どこかで聞いたような...(画像はみやさこなおすみ@fishaction1さん提供)
どこかで聞いたような...(画像はみやさこなおすみ@fishaction1さん提供)

「向かいのホーム スマホ世代が
こんなところ 見るはずもないのに」

どこかで聞いたようなフレーズ...。そう、これは歌手の山崎まさよしさんの名曲「One more time,One more chance」(1997)の歌詞のパロディー。広告主は西鉄自動車学校(福岡県大野城市)だが、特に自動車学校のアピールをすることもなく「とにかく見てほしい」ということしか伝わらない。

思わず口ずさんでしまいたくなるこの広告を撮影したのは、ツイッターユーザーのみやさこなおすみ(@fishaction1)さん。2019年9月27日に「皮肉の利いた山崎まさよし」との一文をつけて投稿したところ、大きな注目を集めることになった。

ほかのユーザーからは、

「卒検落ちても、ワンモアチャンス」
「バズった結果スマホ世代にも届くことになる流れエモい」
「これは秀逸なコピーですね」

といった声が寄せられている。

いったいなぜこのような広告を作ったのか。Jタウンネットは10月1日、西鉄自動車学校の広報担当者と制作者に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ