氏名→「なまえ」生年月日→「うまれたひ」 とある図書館が導入した「やさしいふりがな」がグッドアイデア

2019年9月27日 19:42
氏名と生年月日に注目(画像は佐藤理恵子さん@nam_taan提供)
氏名と生年月日に注目(画像は佐藤理恵子さん@nam_taan提供)

図書館の利用者カードを作る時に記入する、こちらの申込用紙。氏名、住所、生年月日などの個人情報などを書き込む欄があるが、実はちょっとした工夫が施されている。

それは「ふりがな」だ。氏名と生年月日が、それぞれ

氏名→なまえ
生年月日→うまれたひ

となっている。

正しい読み方とはもちろん異なるのだが、子どもなどにはわかりやすい表記だ。日本語教師の佐藤理恵子さん(@nam_taan)がこの用紙の写真をツイッターに投稿したところ、

「ルビというよりも英語のように、併記してあるという考えですよね。これも日本語のバリエーションですね」
「埼玉県には、海外からお仕事で来日されている方々が増え、サポートも増えていますしね」
「効果を重視しているところはマンガのルビと似ていますね」

といった声が寄せられている。

Jタウンネットは2019年9月27日、こうしたふりがなを採用している川口市立中央図書館に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ