山形県民はなぜ(1)を「いちかっこ」と読むのか 専門家に見解を聞いた

2019年9月10日 06:00

突然だが、読者の皆様は「①」「(1)」という数字表記を普段どのように読んでいるだろうか。

これ、なんて読む?
これ、なんて読む?

会社の書類や授業のプリントなど、色々な場面で見かけるこちらの数字表記。「まるいち」「かっこいち」のように、「まる」や「かっこ」といった記号を先に読み、続いて数字を読む人が多いはずだ。

これが全国的に共通の読み方かと思いきや、山形県では「いちまる」「いちかっこ」のように数字を先にする読み方がメジャーらしい。こうした変わった読み方(?)は、過去にメディアでも取り上げられたことがある。

いったい、どうして山形ではこのような読み方が広まっているのだろうか。Jタウンネット編集部は取材を進めた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ