徳島のビルに腰掛ける「巨大デビルマン」 誰が何の目的で?設置の経緯を聞いた

2019年9月 1日 17:00

1970年代の名作漫画「デビルマン」(原作・永井豪)。復活したデーモン(悪魔)を倒すため、主人公の不動明が悪魔の力を得た「デビルマン」となって戦う物語だ。

そんなデビルマンがなぜかビルの屋上に腰掛け、腕を組んで徳島市内の大きな交差点を見守っている。

さりげなく居る(画像は蜜柑@114smさん提供)
さりげなく居る(画像は蜜柑@114smさん提供)

その姿はツイッターにたびたび上げられ、見る人を驚かせている。ビルに掲げられた「MONA」の文字が似たようなカラーリングなこともあり、あまり違和感はない。ツイッターでは、

「徳島県人だけどデビルマンがあんなとこにおるん知らんかったわ。今度見てみよう」
「『緑の人』です、何とかマンではありません」
「誰も知らない知られちゃいけない...... 徳島県はデビルマンが内緒で街の治安を見守っているようですっ」

といった声が寄せられている。

アニメ版のエンディング曲「今日もどこかでデビルマン」の歌詞には「誰も知らない 知られちゃいけない」というフレーズがあるが、このデビルマンもこっそり設置され、こっそり街を見守っているのだろうか。

Jタウンネットは2019年8月22日、デビルマンの腰掛けるビルを管理する不動産会社「三光」に設置の経緯を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ