エッシャーの「だまし絵」そっくり? トリックアート感がすごい階段が福井にあった

2019年8月15日 17:00

階段を上っているはずなのに、なぜか同じ場所に戻ってきてしまう――

教科書などで誰もが一度は見たことがあるであろう、オランダの画家・エッシャーの「だまし絵」。よく見ると混乱してしまいそうな世界観が特徴だ。

ツイッターでは、そのだまし絵のような世界が現実に存在すると話題になっている。

和風だまし絵(画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriの真人さん提供)
和風だまし絵(画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriの真人さん提供)

階段を下りたり上ったりしてグルグル...。複雑な構造というわけではないが、やたら数の多い階段と、ボーっとしていたら3周ぐらいしてしまいそうな造りが、どことなくエッシャー感を醸し出している。

Jタウンネットは2019年8月14日、投稿者の真人さん(階段巡りツイッター@kaidanmeguri)に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ