<東京暮らし(13)>離島留学という選択肢

2019年8月 4日 13:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

東京新聞朝刊で、作家の佐藤優さんが「本音のコラム」に、ご母堂の出身地、沖縄県久米島の高校が島外からの生徒を募集している、と書いていた。

いわゆる「離島留学」という制度で、調べてみると、実は今、国内では数々の離島で同様に島外、県外からの生徒を募集していることを知った。

この離島留学制度は、主に離島の人口減少、過疎化への対策として行われており、「地域おこし協力隊」など国の施策で人的・財政的に支えられている面もある。

久米島の青い海と白い砂浜には高校生ならずとも魅了される
久米島の青い海と白い砂浜には高校生ならずとも魅了される

久米島高校は創立73年という歴史のある学校だが、他の離島同様、島出身の入学者が年々減少、園芸科が存亡の危機に瀕し、2014年からこの留学制度を始めたのだそうだ。

その久米島高校の留学説明会が品川であると聞き、取材に行ってみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ