稲わらで作る「猫のマンション」 話題の民芸品「猫ちぐら」、甲賀市ふるさと納税でゲット

2019年6月 9日 17:00
制作中の猫ちぐらに入った猫ちゃん(画像提供:金谷英三さん、以下同)
制作中の猫ちぐらに入った猫ちゃん(画像提供:金谷英三さん、以下同)

「猫ちぐら」をご存じだろうか? 猫のベッド、猫のマンションなどとも呼ばれる、稲わらを編んで作る猫用の寝床のことだ。

新潟県、長野県に古くから伝わる民芸品の一種と言われているが、手作りの少量生産のため、予約待ちが出るほどの大人気だという。

その「猫ちぐら」を新たな地元産品として生産し、ふるさと納税の返礼品に活用しようという自治体が現れ、話題となっている。滋賀県の甲賀市だ。

Jタウンネット編集部は、甲賀市に電話して、話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ