江戸川区「ここにいてはダメです」 ド直球すぎるハザードマップ話題、制作の意図を聞いた

2019年5月31日 20:00
江戸川区水害ハザードマップ(江戸川区役所公式サイトより)
江戸川区水害ハザードマップ(江戸川区役所公式サイトより)

2019年5月下旬、東京都江戸川区が発表した「江戸川区水害ハザードマップ」が話題となっている。

冊子の表紙には、東京都の東部、江東5区のイラストマップが描かれている。江戸川区の位置を示す場所に、

「ここにいてはダメです」

というキャッチコピーがデザインされている。そこから伸びた吹き出しの中に、「洪水のおそれがないその他の地域へ」という言葉もある。

ツイッターには、これを見た人々から、こんな感想が寄せられている。

「まさか自分が住んでる区から『どっか行け』って言われるとは思わなくて笑っちゃった」
「江戸川区内には居場所はないのんか?」
「江戸川区のハザードマップが話題だったので、自分も住んでる地域のハザードマップを見てみたら、自宅のあたりはもし河川氾濫があったら5m級の真っ赤っか地域でしたw」

多くの江戸川区民にとっては、かなり衝撃だったようだ。これはいったいどういうことなのだろう?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ