高知県民のソウルフード「イタドリ」、知ってますか? 地元の野望は「全国に名高い特産物に」

2019年5月 1日 12:00
イタドリ(KENPEIさん撮影、Wikimedia Commonsより)
イタドリ(KENPEIさん撮影、Wikimedia Commonsより)

先日、日本テレビ系列の情報番組「ZIP」で、高知県でしか食べない料理として「イタドリ」が取り上げられた。「イタドリ」はタデ科の植物、日当たりの良い道ばた、土手、山野などさまざまな場所で生育している。

しかしこの放送を受けてツイッターには、次のようなコメントが相次いだ。

「秋田ではイタドリの芽を食べる」」
「いやいや、イタドリ奈良でも食べるし」
「うちの地元(@三重県)は普通にイタドリ食べる」

つまり、イタドリを食べるという声が、全国から殺到したのだ。高知県でしか食べないという紹介に対して、異議ありということだった。

とはいえ、高知県民の「イタドリ愛」は生半可なものではない。県庁のウェブサイトにも、「高知のソウルフード『イタドリ』を全国発信」というページがあるほどだ。Jタウンネットでは今回、高知とイタドリのつながりを調べてみた。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ